お申し込みから配属までの流れ

ご相談・お申し込みをいただいてから実際に受入れを開始するまでには、入国許可のための申請が必要となるため、多少お時間をいただきます。
受入れの流れは下記の通りです。

入国前の流れ
STEP
01
実習生受入れの決定 + 組合へ加入 7ヶ月前
制度の概要、費用等のご説明をさせていただくと同時に、貴社のご要望等をヒアリングします。
また、新規の企業等の方は、当組合へ加入していただきます。
STEP
02
送出し機関へ技能実習性を募集 6ヶ月前
組合にて、受入れ人数・性別・国籍・その他、受入れ雇用条件・希望職種などの求人申し込みを受け付けましたら、送出し機関へ求人情報を提出し現地にて求人募集をかけます。書類選考等を経て最終的に求人数の2〜3倍になるように候補者を選抜します。
STEP
03
送出し機関で実習生候補者の選考 5〜6ヶ月前
現地の送出し機関にて、希望者の面接を行います。現地面接に参加されない場合は、組合側にて面接致します。
面接以外に筆記試験・実技試験・体力テスト等、ご要望に応じて実施できます。
選抜基準
・受入れ希望職種の経験者かどうか
・失踪等の危険性はないか
・実習生として適正か(性格などで判断)
・健康状態は良好か
・違反行為等の経歴はないか
・当組合が独自に作成した学科・職業適正試験の結果

※実習生を選抜後、雇用条件を説明・理解させた上で雇用条約書を締結します。
STEP
04
実習生事前教育開始 5〜6ヶ月前
受入れ決定者に対し、日本語及び文化・習慣・礼儀作法など、日本で生活するうえで必要な知識を、専門の教育機関にて学びます。
実習生事前教育
・日本語教育(N4相当)
・礼儀作法
・道徳教育
・日本文化、芸術
・日本の法律基礎教育
・専門用語、職種に関する危険注意事項
・体力訓練

STEP
05
入国申請書類の提出 4ヶ月前
送出し機関にて実習生の出国書類を作成します。
その後、組合にて実習生の技能実習計画認定申請書類を作成し、外国人技能実習機構へ認定申請を行います。
技能実習計画の認定後、入国管理局へ申請、在留資格審査を経て「在留資格認定証明書」の発給を受けます。
STEP
06
出国前手続き及びパスポート・ビザの申請 出国
送出し機関にて出国前手続き及びパスポート・ビザの申請を行います。
ビザ発給後、いよいよ出国となります。
入国後の流れ
STEP
07
実習生来日 入国
組合員が空港まで迎えに行き、講習実施施設まで送ります。
STEP
08
集合講習 1ヶ月目
当組合研修センターにおいて約1ヶ月間、講習を行います。
日本語だけでなく、挨拶、ゴミの分別など日本の文化、習慣、地元警察による交通マナー・防犯対策、地元消防署による防災・防火訓練、行政書士による入管法令・労働関係法令等を学びます。
STEP
09
企業への配属、技能実習開始 2ヶ月目
約1ヶ月の講習を経て、企業にて実習の開始となります。
随時組合職員が訪問し、通訳等の支援を行います。
STEP
10
技能検定基礎試験 8ヶ月目
2年目への更新が可能な職種で、2年目の実習の継続を希望する場合、技能検定基礎級を受験し、合格する必要があります。技能検定基礎級に合格すると2年目への更新が可能となります。
STEP
11
技能実習2号への変更・更新手続 10ヶ月目〜22ヶ月目
10ヶ月目に技能実習1号から2号への変更申請、22ヶ月目に更新手続を行います。
STEP
12
技能実習終了・帰国 36ヶ月目
帰国のための準備を行います。
無事に実習を終えて出国をします。